2017年02月18日

name依存なしでコード実行

DTCの1037~1040にはDTC出力の先頭アドレスが積まれてるので、そこにRETNアドレスが来るようにすればスタックのDTCtext内でコードを実行できる
てなわけで、espを+8してRETNする既存のコードを探してみた

いくつかのコードが見つかったのでそのうちの一つを1025~1028に代入してRETN先を差し替え、スタックでコード実行できるようにした
ちなみにスタック上ですべて実行するには%cの補助枠が足りないのでやっぱり残像を使うことに
→バイナリエディタで入力することによって00以外の文字を出力出来ることが分かったので%cと残像は必要なくなりました

他の製作者さんのMUGENでも成功したので環境差はないはず...

これでPアド取得がかなり捗りそう
頼むから変なバグとか出ないで欲しいところ
posted by めろんピエロ at 06:25| Comment(0) | MUGEN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: